HOME SITEMAPlanguage
KOREAN
ENGLISH
JAPANESE
CHINESE
総合管制システム
総合管制システムは電動車の定時運行と安全で素早い運行、効率的な管理を目的として、総合管制システムは総合運行 制御(TTC)システム、電力管制(SCADA)システム及び通信管制システムで構成されています。

総合管制室には列車運行状況を総合的に制御する運営管制部(運転・信号・通信)と電動車及び駅内電力供給設備を監視・制御する電力設備 管制部があります。

最先端設備の電動車
国内初の前頭部形象を採択した仁川交通公社の電動車は首都圏の車両より幅37cm、長さ2mが小さいですが、レー ルの幅は同じなので揺れが少なくて、最先端「IGBT」と言う半導体素子を使った可変電圧可変周波数(VVVF)インバー ター制御方式によって交流モーターを牽引電動機として使用することによって運行の際に低騒音やエネルギー低消費及 び車両の軽量化を実現しています。

また車上パソコンによるATC制御方式を導入して自動運転や受動運転、非常運転ができるように備えられていて、TIS装 置によって車両の自己故障診断と故障原因を表示して運転要員が直ぐ処置できるようにしています。


徹底的な電動車整備、点検
電動車の総合病院である橘峴基地では24時間休まずに電動車整備が行なわれています。営業の前後に電動車の車両外 観状態や機能を確認して、入・出庫の時に最適な状態を維持するようにして、解氷期や冬季には特別検査を施行して急 激な気温変化にも全ての装備が安全に動作するようにしています。

これ以外にも、運行時間や運行距離によって相応する検査や整備を実施します。


二重安全装備でできている電源供給
地下鉄の電力供給は韓国電力公社の変電所から地下鉄専用線路を通じて交流(AC)22.9kVを地下鉄変電所から受電し て、地下鉄変電所はお互いに連絡送電線路を構成することによって、どんな障害があっても常に無停電状態を維持する二重 化システムを構築して一ヶ所の変電所が障害の場合には近くの変電所から延長給電を通じて定常的な運営ができるようにしています。

また格停車場には停車場内に付帯設備に電源を供給する電気室があって、停車場が完全に停電してもエマージェンシィライ トの点灯で利用乗客が十分に退避するように非常電源装置等、安全性を中心に最適設備を備えています。


安全運行の為の信号システム
信号システムは列車を目的地まで安全で定時に到着できるようにする設備として、出発、加速、駅間の自動運行、運転時隔、 減速、停車場での停車等、自動運行に関する情報を列車に転送し機関紙の勘違いや誤判による事故を防止するように自動運 行をしています。

仁川交通公社1号線は自動列車制御装置(LZB700M:ATC)を適用しています。列車の運行に関する全ての情報は列車制御パソコンに転送されて、これは適正速度と距離を決めて列車間の距離が非常に短い場合でも安全運行が可能です。
電車連動装置(SICAS)と連続自動列車制御装置(LZB700M)は情報処理方式が2out of 3体系に構成されて一つの入 力で3つを出力して、その中で2つ以上が同じ結果を出力する場合だけ命令を施行するように設計されています。
地下鉄のデジタル神経系通信システム
通信体系の複雑なネットワークは地下鉄交通手段の中央神経系の役割を果たします。電気、信号、保安装備、コントロール 体系に対する全てのデジタルデーターはデジタル光転送によって伝われます。無線装備がTTCと汽車、汽車の機関士、無線 基地局と有線電話使用者の間を連結します。応急の際にはシステムがTTCにあるコメントオペレーターと汽車の機関士と乗 客の間を直接連結することも可能です。

役務自動化設備
顧客が始めて経験する役務自動化設備は、交通カードを充電したり、購買する交通カード発売機と1回券交通カード保証金 を払い戻す保証金払い戻し機器があります。交通カーとを持っている顧客は自動ゲートを通過して列車に乗車できます。

1回券交通カード販売や残額、再充電と連携された全てのデータはモニターとコントロールの為にモニタリングシステムを 転送します。またシステムは必要なデータ(会計データと故障情報)を管理する駅のパソコンと中央パソコンに転送して、 これはまた自動管理設備が効率的に機能を果たせるようにします。