HOME SITEMAPlanguage
KOREAN
ENGLISH
JAPANESE
CHINESE
列車内の火事時
1.非常時に客室の両端の壁に設置された乗客非常インタ
									ーフォン箱を開けてボタンを押して機関士し知らせます。2.火事発生時に客室の両端の壁に備えられている消火器を出して安全ピンを取って迅速に火を消します。 
									3.ドアーの右側の上にある非常取っ手箱のカバーを開けて非常取っ手を右に回します。
									4.ドアーを両手で開けて右左をよく見てから列車から降ります。
駅舎内の火事時
1.火事が発生した時に駅舎内の非常ベルのボタンを押して乗客に知らせます。
									2.火事時に駅舎に備えられている消火器で迅速に火を消します。 3.退避時には塗れたハンカチ等で鼻と口をふさいで姿勢を低くして素早く出口に退避します。
									4.退避時には壁面に付着された非常誘導灯を辿って退避します。
緊急状況が発生した場合、
									赤色の呼び出しボタンを押してください!!
緊急状況が発生した場合、赤色の呼び出しボタンを押したら駅員に直ぐ繋がります。
1. 車椅子リフト
2. エレベーター
3. 乗車券発売機
4. 女性・障害者用トイレ
トンネルの火事時
1. 駅員の案内に従って素早く順番に電動車から降ります。(反対側の列車にご注意)
2. 必ず案内員の退避方向指示に従って近くの駅に退避するか、トンネル内の換気塔内に設置されている円形階段を利用して地上に退避します。
3. 煙の中の通る際にはハンカチ等で口と鼻とふさいで、姿勢を低くします。
4. 恐怖感を乗り越えて落ち着いて行動します。
地震?生時
地鉄を乗っている場合
- 大きい衝撃が襲う可能性があるので取っ手等を良くつかんで転ばないようにします。
- 車内案内放送に従って落ち着いて行動します。
- 列車内が安全です。地震が発生した場合、列車が止まったとして慌てて外に出たら危ないです。
- 列車内で停電した時には車内にエマージェンシィライトが点けられるようになってい るので出口に走って行くのは一番危ないです。これは混乱の原因になります。
地鉄を駅乗っている場合
- 地下鉄の駅舎は停電ではありますが、直ぐにマージェンシィライトを点 けるので混乱しないで、駅内案内放送や駅員の指示に従って落ち着いて行動します。
- 地下鉄駅は人が大勢集まる場所なので大きな混乱が発生しないように落ち着いて行動します。
エレベータを乗っている場合
- 得れベーラーに乗っている際に地震を感じましたら、ボタンを押してエレベーターが止まったら素早く降りて安全を確認して退避します。
- エレベーターが停止した時には非常呼び出しボタンを押して、助けを求めます。
- 地震発生時にはエレベーターを利用しないで下さい。
- 1.3度以上の強い地震が発生したら、地下鉄は一時的に運行を中断します。
- 地震が1分以上続くと(約15秒以上の強い衝撃)現在の場所から安全な場所を探して下さい。